《中日對照讀新聞》 陸自水陸機動団が「いずも」に乗艦し南シナ海へ 日陸自「水陸機動團」將乘「出雲號」赴南海
列印


2019-04-22

◎茅毅

防衛省陸上幕僚監部は18日、月末からインド太平洋方面に派遣される海上自衛隊の護衛艦「いずも」に、離島防衛専門部隊の水陸機動団が乗艦すると発表した。政府が掲げる「自由で開かれたインド太平洋」構想の一環で、陸上自衛隊部隊がインド太平洋で長期航行に出るのは初めて。南シナ海や東シナ海での海洋進出を強める中国を念頭に、抑止力を強化する狙いもある。

日本防衛省陸上幕僚監部(相當於陸軍司令部)18日宣布,陸上自衛隊專門負責防衛日本離島的水陸機動團,將登上自4月底起被派往印度—太平洋地區的海上自衛隊(直升機)護衛艦「出雲號」。此乃日本政府倡議的「自由開放印太」構想的一環,陸自部隊是頭一次在印太海域長期航行。此舉顧慮到在南海和東海加強擴張海洋勢力的中國,也旨在強化嚇阻力。

湯浅悟郎陸上幕僚長は18日の記者会見で「統合機動防衛力の観点から海自艦艇への長期乗艦により、水陸機動団と海自の水陸両用作戦上の関係強化を図る」と指摘。「自由で開かれたインド太平洋構想に寄与し、わが国にとって望ましい安全保障環境を創出しようとするものだ」とも強調した。

陸上幕僚長(相當於陸軍司令)湯淺悟郎在18日的記者會上指出,「從聯合機動防衛能力的觀點來看,試圖透過長時間搭乘海自船艦,加強水陸機動團與海自在水陸兩棲作戰上的能力及默契」。湯淺並強調,(此次行動)「有助於自由開放印太概念(的實現),欲(藉此)創造出對我國最有利的安保環境。」

「日本版海兵隊」とも呼ばれる水陸機動団を乗せたいずもは、今月末から7月にかけてフィリピン、マレーシア、シンガポールなどインド太平洋地域の5カ国を訪問し、各国海軍との共同訓練を行う。水陸機動団の隊員も、各国の陸軍や海兵隊との交流を深める。

出雲號搭載著也被稱為「日本版海軍陸戰隊」的水陸機動團,4月底起至7月將訪問菲律賓、馬來西亞、新加坡等印太地區5個國家,與這些國家的海軍進行聯合演訓。水陸機動團的官兵也將與5國陸軍及海軍陸戰隊深化交流。

ニュース・キーワード 新聞辭典

動詞+(よ)うとする:句型,(拚命、努力地)想(打算)要…。例:みんな一番(いちばん)になろうとする。(大家都想得第一。)

名詞+による:句型,本文作藉由(透過、利用、憑著)…方法(手段)。例:日本(にほん)は選挙(せんきょ)により、首相(しゅしょう)を決(き)める。(日本以選舉來決定誰擔任首相。)

単語を読みましょう

乗艦(じょうかん)/陸上幕僚監部(りくじょうばくりょうかんぶ)/派遣(はけん)/護衛艦(ごえいかん)/離島(りとう)/掲げる(かかげる)/構想(こうそう)/一環(いっかん)/長期(ちょうき)/航行(こうこう)/抑止力(よくしりょく)/海洋(かいよう)/湯浅 悟郎(ゆあさ ごろう)/陸上幕僚長(りくじょうばくりょうちょう)/水陸両用(すいりくりょうよう)/創出(そうしゅつ)/水陸機動団(すいりくきどうだん)/統合(とうごう)/日本版(にほんばん)/図る(はかる)/望ましい(のぞましい)

  • 日本海上自衛隊「出雲級」直升機護衛艦「出雲號」(DDH-183),2月5日駛離母港橫須賀港。(美聯社檔案照)

    日本海上自衛隊「出雲級」直升機護衛艦「出雲號」(DDH-183),2月5日駛離母港橫須賀港。(美聯社檔案照)

不用抽 不用搶 現在用APP看新聞 保證天天中獎  點我下載APP  按我看活動辦法