《中日對照讀新聞》iPSから高品質の血小板を作製 應用iPS細胞製作高品質血小板
列印


2018-07-23

◎茅毅

人のiPS細胞から、止血作用のある血液成分の「血小板」を大量に作製する方法を開発したと、京都大の江藤浩之教授らのチームが発表した。慢性的に不足している輸血用血小板の製造につながると期待される。論文は13日、米科学誌セル電子版に掲載された。

日本京都大學教授江藤浩之等學者和單位組成的研究團隊發表,以人類的「人工誘導多能幹細胞(Induced pluripotent stem cell, iPSC)」,開發出量產血液中具止血作用的「血小板」的方法。這項研究成果與製造不足的輸血用血小板有關,因而備受期待。本論文13日刊登在美國科學雜誌「細胞(Cell)」網路版。

江藤教授らは4年前、人のiPS細胞から、血小板を生み出す「巨核球」という血液細胞を作ることに成功したが、1回の輸血に必要な1000億個以上の血小板を得るのは難しかった。チームは、血液が不規則な流れ(「乱流」)を起こす場所ほど、巨核球が多くの血小板を生み出すことを発見。乱流を再現する培養装置を開発した。

江藤教授等學者與單位4年前即以人類iPS細胞,成功製造出可產生血小板的血液細胞「巨核細胞」,卻仍難以取得輸血1次必需的1000多億個血小板。該研究團隊發現,在引發血液不規則流動(即「亂流」)之處,巨核細胞會生成許多血小板,故研發出控制亂流出現的血小板培養裝置。

装置の中で2枚の円形の板を上下動させ、培養液に乱流を起こさせる。この装置で巨核球を培養した結果、約5日間で高品質な血小板を1000億個以上、作製できた。この血小板が正常に機能することも、動物実験で確かめた。チームは2020年の製品化をめざしている。

在這種(圓柱形)裝置中,藉由使2片圓板上下移動,使血小板培養液引發亂流。結果在該裝置中培養的巨核細胞,約5天時間即可製造逾1000億個高品質的血小板。經由動物實驗,確定這些血小板可正常發揮作用。研究團隊的目標是在2020年將相關技術轉化為產品。

ニュース・キーワード新聞辭典

つながる(繋がる):動詞,連接、與…有關、被…綁住

例:彼等(かれら)は利害関係(りがいかんけい)でつながる。(他們因利害關係而結合。)

いかに(如何に):副詞,如何、怎麼樣

例:いかにして難関(なんかん)を切り抜ける(きりぬける)べきか。(如何突破這個難關?)

漢字を読みましょう

高品質(こうひんしつ)/血小板(けっしょうばん)/iPS細胞(人工多能性幹細胞,じんこうたのうせいかんさいぼう)/江藤浩之(えとうこうじ)/止血(しけつ)/巨核球(きょかくきゅう)/不規則(ふきそく)/乱流(らんりゅう)/培養装置(ばいようそうち)/輸血(ゆけつ)/培養液(ばいようえき)/慢性的(まんせいてき)/上下動する(じょうげどうする)

  • 鑑於人口銳減和捐血獲得的血小板保存期限太短,日本研究團隊研發出短期、低成本量產優質血小板的方法。圖為該團隊研發的圓柱型血小板培養裝置,內部可見上、下2片原板。(取自網路)

    鑑於人口銳減和捐血獲得的血小板保存期限太短,日本研究團隊研發出短期、低成本量產優質血小板的方法。圖為該團隊研發的圓柱型血小板培養裝置,內部可見上、下2片原板。(取自網路)

不用抽 不用搶 現在用APP看新聞 保證天天中獎  點我下載APP  按我看活動辦法