中日對照讀新聞》脳の神経細胞減少に特定のたんぱく質が関係 腦神經細胞減少 與特定蛋白質有關
列印


2019-05-13

◎茅毅

老化に伴い新たに作られる脳の神経細胞が減る原因として、特定のたんぱく質の減少が大きく関わっていることを突き止めたと、慶応大などの研究チームが10日、米科学誌「ステム・セル・リポーツ」電子版に発表した。このたんぱく質の減少を抑えれば、認知症などの原因とされる脳の萎縮を抑制できるとみられる。チームの岡野栄之・慶応大教授は「新たな治療薬の開発につながる」と期待している。

日本慶應(義塾)大學等研究團隊,10日在美國科學期刊《幹細胞報告》(Stem Cell Reports)網路版發表研究成果,發現隨著老化,新生的腦神經細胞(或稱神經元、神經原)減少的原因,與(腦中)特定的蛋白質減少有著很大關係。該研究認為,若(可以)抑制該蛋白質減少,將可控制被視為認知障礙症等疾病病因的腦部萎縮。研究團隊成員、慶應大學教授岡野榮之期盼,「(此一發現)有助於研發新的治療藥物。」

チームは、神経幹細胞から神経細胞になる途中段階の「神経前駆細胞」に注目。マウスによる実験で、「p38」というたんぱく質が前駆細胞を増やす役割を果たしていることを発見した。老化するとp38が減り、それに伴い新たに作られる神経細胞も減少した。

研究團隊聚焦於神經幹細胞分化為神經細胞時的「神經前驅細胞」。團隊在以實驗小鼠所做的實驗中發現,稱為「p38」的蛋白質具有增生該前驅細胞的功能。一旦老化,p38就會減少,新生的神經細胞數量也隨之減少。

チームは複数のマウスに、老化してもp38が減らないようにする遺伝子を注入。通常のマウスと比較した。その結果、老化すると神経細胞の減少で脳が萎縮して頭の中に「脳室」と呼ばれる空間が拡大するが、遺伝子を注入したマウスは脳室の拡大スペースを平均で4割ほど抑えられた。

研究團隊因此將即使老化、p38也不會減少的遺傳基因,注入幾隻實驗小鼠,並和(未注入這種基因的)一般實驗小鼠做比較。結果發現,儘管(這兩種實驗小鼠的)腦部都由於老化造成神經細胞隨之減少而萎縮,導致被稱為「腦室」的空間擴大,但注入該遺傳基因的實驗小鼠,(其)腦室擴大的空間,平均被控制在約40%。

ニュース・キーワード 新聞辭典

突(つ)き止(と)める:動詞,查明、追查清楚。例:その人(ひと)の正体(しょうたい)を何(なん)とかして突き止めないと。(無論如何都得查明那個人的真面目。)

伴(ともな)う:動詞,本文作隨著、伴隨。例:われわれの観念(かんねん)は年齢(ねんれい)に伴って変化(へんか)する。(我們的觀念會隨著年齡改變。)

単語を読みましょう

老化(ろうか)/神経細胞(しんけいさいぼう)/関わる(かかわる)/慶応義塾大学(けいおうぎじゅくだいがく)/抑える(おさえる)/治療薬(ちりょうやく)/幹細胞(かんさいぼう)/前駆細胞(ぜんくさいぼう)/実験(じっけん)/マウス(英文mouse,老鼠的單數)/萎縮(いしゅく)/脳室(のうしつ)/拡大(かくだい)/岡野 栄之(おかの ひでゆき)/スペース(英文space,空間、空格)

  • 美國紐約州立大學水牛城分校(UB)神經解剖學博物館(Museum of Neuroanatomy)裡,一個生前罹患認知障礙症之一的阿茲海默症(Alzheimer’s disease)人類腦部切面。(美聯社檔案照)

    美國紐約州立大學水牛城分校(UB)神經解剖學博物館(Museum of Neuroanatomy)裡,一個生前罹患認知障礙症之一的阿茲海默症(Alzheimer’s disease)人類腦部切面。(美聯社檔案照)

不用抽 不用搶 現在用APP看新聞 保證天天中獎  點我下載APP  按我看活動辦法