《中日對照讀新聞》最後の“世相ブラ”は「平成ブラ」 黛安芬發表名為「平成胸罩」的平成年間最後一套「世態胸罩」
列印


2018-12-03

◎茅毅

女性下着メーカーのトリンプ・インターナショナル・ジャパンは29日、その年の時流や話題をテーマにした恒例の“世相ブラ”(非売品)を発表。トリンプ・イメージガールの土屋ひかる(27)が披露した。

女性內衣製造商「黛安芬國際日本」(Triumph International Japan)11月29日發表以日本當年的潮流、時尚和話題等為主題的「世態胸罩」(非賣品),由「黛安芬形象女孩」(Triumph image girl)土屋HIKARU(27歲)展示。

平成年間最後の世相ブラ。その名もずばり「平成ブラ」。東京スカイツリーをモチーフにしている。トリンプが29日に発表した平成ブラは、鉄骨と展望台を周回するライトをデザインしています。色合いは実際の東京スカイツリーとは違い、平成に飛躍した女性をイメージしたという「なでしこピンク」を採用した。

平成年間(譯按:1989至2019年)最後的世態胸罩,就直接取名為「平成胸罩」。以「東京晴空塔」(Tokyo Skytree,或「東京天空樹」)為主題。黛安芬29日發表的平成胸罩,設計繞著(象徵東京晴空塔的)鋼骨結構及展望台跑來跑去的燈光。配色與實際的東京晴空塔不同,使用象徵在平成年間十分活躍的女性的「撫子粉紅色」。

87年より世相を反映したランジェリーを発表していた同社は、89年(平成元年)から“世相ブラ”として時代を反映させたブラジャーを発表してきた。これまで「構造改革ブラ」(01年)、「少子化対策ブラ」(06年)、「裁判員制度ブラ」(08年)、「なでしこ応援ブラ」(11年)、「ブラノミクスブラ」(13年)を世に送り出してきた。今後は別の形での展開を考えているという。

黛安芬自1987年開始發表反映日本社會現狀的女用貼身內衣褲,自1989年(平成元年)迄今,陸續發表以「世態胸罩」名義反映時代面貌的胸罩。歷年問世的世態胸罩,例如「結構改革胸罩」(2001年)、「少子化對策胸罩」(2006年)、「裁判員(即陪審團的陪審員)制度胸罩」(2008年)、「為撫子加油胸罩(譯按:成人級日本女子足球國家隊的暱稱為『撫子日本(なでしこジャパン)』,該年參加女子世足賽並獲得冠軍)」(2011年)、「胸罩經濟學胸罩」。據悉,該公司今後考慮以其他形式來反映社會現況。

ニュース・キーワード新聞辭典

ずばり:副詞,單刀直入(開門見山、一語道破、直接(截)了當)地。例:あなたの悩(なや)みにずばり答(こた)える。(一語道破你的苦惱所在。)

メーカー(英文maker,製造商)/モチーフ(法文、英文motif,主題、圖案、構圖)/デザイン(英文design,設計)/テーマ(德文Thema,主題)/イメージ(英文image,形(意)象、象徵)/スタート(英文start,開始)/ブラジャー(簡稱ブラ,法文、英文brassiere,胸罩、內衣)/ランジェリー(英文lingerie,女用貼身內衣褲)/ブラノミクスブラ(即bra+economics+bra,「胸罩經濟學胸罩」,靈感應該是取自日本首相安倍晉三提出、被稱為「安倍經濟學」Abenomics的一連串財經政策)

漢字を読みましょう

世相(せそう)/非売品(ひばいひん)/土屋ひかる(つちやひかる)/鉄骨(てっこつ)/周回(しゅうかい)/飛躍(ひやく)/少子化(しょうしか)/色合い(いろあい,也可寫成色合)/時流(じりゅう)

  • 「黛安芬國際」的「意象女孩」土屋HIKARU,11月29日在東京舉行的黛安芬年度「世態胸罩」發表會上展示「平成胸罩」。土屋生於1991年,即平成3年。由於日本天皇明仁預定2019年4月30日「生前退位」,因此這次是該公司最後一次在平成年間發表「世態胸罩」。(取自網路)

    「黛安芬國際」的「意象女孩」土屋HIKARU,11月29日在東京舉行的黛安芬年度「世態胸罩」發表會上展示「平成胸罩」。土屋生於1991年,即平成3年。由於日本天皇明仁預定2019年4月30日「生前退位」,因此這次是該公司最後一次在平成年間發表「世態胸罩」。(取自網路)

不用抽 不用搶 現在用APP看新聞 保證天天中獎  點我下載APP  按我看活動辦法