晴時多雲

中日對照讀新聞》安室奈美恵9.16引退余話 沖縄への“置き土産”は数十億円 安室奈美惠9月16日引退軼事 給故鄉沖繩的「餞別禮」達數十億日圓

日本女星安室奈美惠2018年滿出道25年,9月16日正式告別樂壇、宣布引退。(資料照)

日本女星安室奈美惠2018年滿出道25年,9月16日正式告別樂壇、宣布引退。(資料照)

2018/09/24 06:00

◎茅毅

16日に引退した安室奈美恵(40)。彼女ほど地元沖縄に愛されたアーティストはいない。15日のラストライブの前には空港の柱に始まり、那覇市内は、市役所、銀行、国際通りのフラッグまで安室一色。

40歲的日本女歌手安室奈美惠16日引退。沒有比她還受其故鄉沖繩喜愛的藝人。15日在當地舉行的告別歌壇演唱會前夕,從那霸機場的樑柱,到那霸市內的市公所、銀行、「國際通(譯按:做接尾詞時唸どおり,即大道、大街之意,但台灣一般直接稱為國際通)」的宣傳旗幟,「滿滿的安室」。

市内を走るモノレールの駅では安室の曲がBGMで流れ、車内の吊り広告にも安室だ。ライブが行われたコンベンションセンター行きのバスの正面とサイドの電光掲示板には、「WE❤NAMIE」の文字が表示され、ピンクの安室ラッピングバスも走るなど、公共機関まで積極的に参画していた。

行經那霸市區的單軌電車車站,正播放安室演唱的歌曲,車廂裡的垂吊式廣告也與安室有關。通往安室演唱會場地「沖繩會議中心」的公車,車頭和側面的(發光二極體或液晶)路線顯示器,秀出「我們愛安室」字樣。粉紅色車身的安室彩繪公車(wrapping bus,或稱包裝巴士)也上路,甚至公家機關都積極參與策劃活動。

「15日はコンベンションセンターまで何往復したか……しかも、世界中から来るから驚いたよ」と語るのは地元のタクシー運転手。ホテルは満杯だ。地元の「琉球新報」では引退日当日の16日と、17日には特集号を発売。17日の特集号は、なんと朝4時から国際通り周辺のコンビニでは新聞を買い求めるファンが続々。即、完売だった。安室の引退興行ビジネスは200億円規模ともいわれているが、この1週間の沖縄における経済効果も数十億円単位なのは確実。

當地計程車司機說,「15日到沖繩會議中心來回跑了好幾趟…而且客人來自世界各地,真想不到。」旅館、飯店住房全滿。沖繩地方報紙「琉球新報」在安室引退日當天的16日及隔天17日,發行她的特刊。17日的特刊竟然自凌晨4點起,在國際通附近的便利商店,購買該報的安室粉絲就絡繹不絕,立即銷售一空。有此一說,安室引退帶來的經濟效益高達200億日圓(約55億台幣),而這一週在沖繩創造的經濟效果,可是貨真價實地達到數十億日圓。

ニュース・キーワード新聞辭典

置き土産(おきみやげ,或寫成置土産):名詞,餞別禮、臨別禮物、紀念品、遺留的事物(例如政績、負債、爛攤子)。例:借金(しゃっきん)を置土産にして逃(に)げちゃった。(留下一筆債,人卻溜了。)

コンベンションセンター:名詞,「沖繩會議中心」、即「沖縄コンベンションセンター(沖繩Convention Center)」的簡稱,位於沖繩宜野灣市的國際會展中心。

漢字を読みましょう

余話(よわ)/安室奈美恵(あむろなみえ)/国際通り(こくさいどおり)/吊り広告(つりこうこく)/電光掲示板(でんこうけいじばん)/参画(さんかく)/満杯(まんぱい)/琉球新報(りゅうきゅうしんぽう)/引退日(いんたいび)/特集号(とくしゅうごう)/完売(かんばい)/引退興行(いんたいこうぎょう)/市内(しない)/参画(さんかく)/即(そく)