中日對照讀新聞》宇宙ゴミを衛星監視 政府検討 日本政府研擬以衛星監視太空垃圾
列印


2018-08-27

◎茅毅

政府は、宇宙空間の状況を監視する人工衛星(SSA衛星)を導入する方向で検討に入った。宇宙ゴミの衝突や他国の衛星による妨害などから、日本の人工衛星を防護する狙いがある。2024~28年度の打ち上げを視野に入れている。

日本政府研商引進監視太空狀況的人造衛星(Space Situational Awareness, SSA,太空狀況感知衛星),以防護日本人造衛星免於遭太空垃圾碰撞,和其他國家衛星造成的妨礙等危險,考慮於2024至2028年度發射。

SSA衛星は、運用を終えた人工衛星やロケットの破片など、高速で地球を周回している宇宙ゴミや、不審な人工衛星の動向を監視する。日本の衛星に危険が及ぶことが分かれば、衛星の軌道を変えて回避するよう運用者に連絡する。政府は導入費用について、SSA衛星1基あたり150億円程度で、ロケットによる打ち上げ費用が1回につき50億~100億円かかると見込んでいる。

SSA衛星可監視終止運作的人造衛星與火箭的碎片等物體、以高速繞行地球的太空垃圾、他國可疑的人造衛星動向等。一旦辨認這些物體會危及日本衛星,將聯繫該衛星所屬的單位變更軌道閃避。至於引進SSA衛星所需的經費,日本政府估計每枚約150億日圓(約42億台幣),以火箭發射衛星的費用則為每次50億到100億日圓(約14億到28億台幣)。

政府がSSA衛星の導入を検討するのは、宇宙ゴミが急速に増えているほか、中国軍やロシア軍が「キラー衛星」を開発し、安全保障や観測、通信、測位など、国民にとって重要な役割を担う衛星の危険性が高まっているためだ。

日本政府研究引進SSA衛星的原因,除太空垃圾的數量激增外,還有中國人民解放軍及俄羅斯軍方等研發「殺手衛星」,在國防和觀測、通訊、定位等方面對日本民眾承擔重要任務的衛星,面臨的威脅愈來愈大。

ニュース・キーワード新聞辭典

につき:每個、每…。

例:一人(ひとり)につき二冊(にさつ)。(每人兩冊。)

あたり:平均、每…。一人あたり二冊(每人兩冊)。毎畝(せ)あたりの収量(しゅうりょう)(每畝平均產量)。

漢字を読みましょう

監視(かんし)/宇宙空間(うちゅうくうかん)/衝突(しょうとつ)/防護(ぼうご)/運用者(うんようしゃ)/人工衛星(じんこうえいせい)/破片(はへん)/高速(こうそく)/周回(しゅうかい)/動向(どうこう)/軌道(きどう)/中国軍(ちゅうごくぐん)/測位(そくい)

  • 日本H-IIA火箭2017年3月17日從九州種子島太空中心發射升空,該火箭運載一枚情報蒐集衛星 。(路透檔案照)

    日本H-IIA火箭2017年3月17日從九州種子島太空中心發射升空,該火箭運載一枚情報蒐集衛星 。(路透檔案照)

不用抽 不用搶 現在用APP看新聞 保證天天中獎  點我下載APP  按我看活動辦法